分かりやすい排水管 水漏れの仕組み

分かりやすい排水管 水漏れの仕組み 排水管 水漏れは頻繁に起こるものではないため、突然起こるとどこから水が漏れているのかうまく業者に説明ができず困ってしまいます。自分で直すことも難しく戸惑ってしまうという方も多いことでしょう。排水管がどんなものか、どうして水が漏れるのかなどあまり知識のない人でも理解できるように分かりやすく解説します。これを読めば排水管 水漏れが誰でもわかるようになります。原因が分かることでスムーズに行動できるようになり、トラブルの予兆も見つけやすくなります。築年数が経過している家や、水道料金が高くなったと感じている人は必見です。

■劣化でも水漏れが起こる

排水管 水漏れが起こる原因は詰まりなどもありますが、古い建物では劣化も考えられます。排水管の寿命は、素材によって異なります。例えば、短いと言われている亜鉛メッキ鋼管は約20年程度、長く使用することが可能な鋳鉄管は約40年程度使用することが可能です。ただし、使用頻度や、汚れ具合などによって寿命は左右されます。
劣化すると錆びが発生したり、つなぎ目部分が動いてしまうために排水管 水漏れが起こります。それ以外にも、汚れの付着により水の流れが悪くなることで詰まりの症状が出ます。トラブルが起こる前にはコポコポと異音がする、室内の湿度が上がりカビが発生しやすくなるなど正常な状態ではなくなるため、そのような症状がある際はトラブルが起こる予兆と考えましょう。

■排水管と給水管の違いとは
家の水回りを見ると、たくさんの配管が設置されています。配管には給水管と排水管の2種類があります。給水管は水道管から蛇口まで水を運ぶための管で、綺麗な水が送られています。この給水管には圧力がかかっており、蛇口を使用していてもしていなくても関係なく、常に水が供給されていることが特徴です。
排水管は、蛇口から使用した水を流すための管です。この場所から排水管 水漏れが起こった時は、蛇口を使用しなければ漏れ続けることはありません。排水管には、中の水の流れをよくするため傾斜がつけられています。シンク下やトイレなどにある曲がっている管は、排水管であるということが一目でわかります。シンク下に直接つながっている管も、使用後の水を流すためのものであるため排水管になります。

■排水管を長く使う方法

築年数が経過している建物では、一部で排水管 水漏れが起きると、その場所以外でも起こる可能性が高いです。できるだけ、修理することなく長く使用するためには、日ごろから排水管に傷がつかないように注意しましょう。
一番傷みやすい場所はキッチンです。キッチンでは油や洗剤、食べかす、熱湯など排水管を傷つける原因となるものを多く使用します。できる限り水しか流さないように努め、キッチンネットやフィルターのようなものを使ってゴミや細菌が繁殖する餌となるものを流さないことがポイントです。そして使用後は排水管内の汚れがとどまらないよう、しばらくの間水を流し続けることで汚れの付着を防ぐことが可能です。掃除を小まめにしたり、市販されているパイプ洗浄液などを使用し綺麗にすれば、管内の掃除が行えるため寿命を延ばす効果があります。

■まとめ
排水管 水漏れが起こる仕組みや、どんなものなのかについて紹介しました。これまで排水管がどんなものか分からなかった人でも理解できたことでしょう。排水管は劣化でもトラブルを起こすことがあり、その寿命は使用状況によって違います。正しい使い方や、日ごろのお手入れなどで傷をつけないようにするだけではなく、水のトラブルが起きる前には予兆がありますのでそのサインを見逃さず修理するようにすると大きな被害が出ずに済みます。これらを参考にして、快適な生活を送るようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース